白い悪魔No.0465、
アイデアノート

アメリカでのランキング7位、、、

まあ、とあるキーワードでのランキングですが、自分としては一番欲しい称号、、、

昨日も7位ですが、昨日のダウンロード数が10に対して今日は17、、、

この倍々ゲームがあと2、3日続けば本物です。

アプリは1週間単位で上下します。

常に一定なわけでは無いのです。


余裕があるとき、または必要に迫られて探す訳であり、また友人に勧められて、、、という状況を考えると、

波があるのは理解できるでしょう!

ただ、私のアプリみたいに検索数に対して、ダウンロード数が2%以下とかのアプリについては当てはまりません。

本来、この検索順位なら検索数の20ー30%のダウンロード数があってもおかしくは無いので、、、


アメリカの月間ダウンロード数が240達成しました。

まあ、普及の判定が月間300行くか如何かと踏んでいたので、まあ大体予想通りです。

アプリストア内の広報活動って大変です。

私は基本、何をやっても、狙ったキーワードで50位には入れるのですが、まあ、普通は初日で15位前後かな?


それだけの順位を稼いでも、ダウンロードを稼ぐのは難しいです。

口コミを利用しないと、利用できるようにしておかないと、、、

まあ、正式名称であれ、略称であれ、アプリストアの検索で引っかかるようにしていた方が良いですよ!

これが最低限出来ていないと口コミ効果、、、無いので、、


まず、どこの大手だろうと、検索結果の表示で迫力を出すのは無理です。

やれても動画くらい、、、

まあ、見せ方には余地はあるのですが、それでも実際のアプリの画面に対して30%くらいの大きさのスペースしかありません。

そこでクリックして本文を見てもらえるか、プレゼン画像を見てもらえるかが、ダウンロードの鍵になります。


知名度を抜きにすると、有名アプリだろうと、個人作成のアプリであろうとプレゼン力に決定的な差はありません。

実際、なんでこんなに下手なプレゼン資料なのにダウンロードを稼げるんだろうというアプリも沢山あります。


誰がやろうと、縮小表示、無理やり画面を見せようとすると、スクリーンショットを多用するとチマチマした表示、、、

そんなプレゼン資料しか作れません。


これを現実世界で言うと、

コンペを開いて貰ってのプレゼン大会なのか、

飛び込み営業の、持ち込み企画なのか、

という違いがあります。


まあ、明らかに知名度の低い新人さんは、

「飛び込み営業の、持ち込み企画」です。

それが如何に出来が良い企画書であっても中身を見てもらえない、、、

これは、まあ、営業としての腕の見せ所ですね!

限られた制約の中で見てもらえるように頑張っています。


まあ、ひとこと言えるのは私はチャレンジャで社運なんて背負っていないと言う言、、、

企業が取れない戦術だろうと取れるということ、、、

まあ、企業は企業で金にあかせた広告戦略を出せますが、

そんな企業とランキングを争っている、、、下手すれば勝っている、、、現状はそういう状況です。

理詰めで考えれば、ASOなんて簡単です。

お金を掛けなくても順位を稼げます。

まあ、それを大企業、大手が出来るかと言うと、、、

わんこ

「どこでもドア」のおすそ分けです。

👉itunes.apple.com/us/app、アプリストア(アメリカ)へ接続

👉itunes.apple.com/uk/app、アプリストア(イギリス)へ接続

👉itunes.apple.com/au/app、アプリストア(オーストラリア)へ接続

👉itunes.apple.com/ca/app、アプリストア(カナダ)へ接続

👉itunes.apple.com/jp/app、アプリストア(日本)へ接続

👉itunes.apple.com/gb/app、アプリストア(イギリス)へ接続

👉itunes.apple.com/fr/app、アプリストア(フランス)へ接続

👉itunes.apple.com/de/app、アプリストア(ドイツ)へ接続

👉itunes.apple.com/cn/app、アプリストア(中国)へ接続

👉itunes.apple.com/kr/app、アプリストア(韓国)へ接続

IPhoneのアプリ開発者は持っておいて損は無いですよ!

それこそ、1クリック、2クリックで接続サーバーを切り替えられます。

白い悪魔No.0464、
アイデアノート

まあ、今となっては私に取ってはASOは大して難しく無いです。

まあ、カテゴリー自体が少しマイナーなので、限界まで突き詰めても1日10、000回表示されることは無いでしょう!

因みに現在が1、200

日本の順位が10位前後、アメリカの順位が7位

これが1位を取ったところで劇的に変わるとは思えません。


それよりも、ダウンロード数です。

問題は、インプレッション数が1、200回です。

これはアイコンが画面上に表示される数とのこと、、、

この数は十分なのですが。

ダウンロード数となると20、、、

表示数の約1、7%でしかありません。


ASOは個人としては、AD広告無しに良くやっている方だと思います。

問題はプレゼン能力、、、

喫茶店を繁華街に出せたのに、看板メニューが貧弱で、店の看板が貧弱でお客さんに店に入ってもらえないんです。

店に気付いて看板メニューを見る人が68人、、、

そして店に入る人が20人、、、


プレゼン能力を鍛える必要があります。

これがA4の紙ベースのプレゼン資料だったら、

少なくとも今の自分なら苦労はしないのですが、

1000円札の1/3のスペースしか表示スペースが無いので大変です。

今現在は、それに最適化したプレゼン資料を用意して使っている訳ですが、看板メニューを見てくれるのは6%以下、、、

あまり奇抜なイメージ前略も駄目ということです。

正攻法でありながら、ちまちました印象を与えず魅せる広告を出す、、、

ここら辺のことで、足踏みをしています。

これがA4サイズのプレゼン資料なら問題はありません。

まともにスクリーンショットを載せると、文字を入れると小さくなり過ぎて、見るのも嫌、読むのも嫌という状態に陥るのです。

打開策はいくつか打っている訳ですが、正攻法では無いので逆に敬遠されている、、、そういう側面もあるのです。


資料作成能力が高かろうが低かろうが、IPhoneで表示されることを前提として資料を作らないと話にならないのです。

また、情報を極限まで減らすと、見やすくはなりますが、請求力が落ちます。

今は、ここら辺のことで悩んでいます。


まあ、アプリストア内での広報活動に力を掛けるのを辞めようかという考え方もあります。

サポートページ内での広報活動の方がはるかに楽です。

看板メニューを見た客を店に入れる方がはるかに楽です。

母数が68しかありませんが、現在のダウンロード数が20、、、

まだまだ、伸びしろはある訳です。


ちょっと問題があって、アプリストア上では動画を公開していません。

これがサポートページ上でなら、秒数制限も、画質も関係ありません。

自由に動画を作ることが出来ます。


基本的に年内作業は終了したのですが、プレゼン資料の見せ方について、より良い見せ方について考え続ける、、、

そんな状態が続きそうです。