白い悪魔No.0549、
アイディアノート

パートボイスで良いと思っています。

アプリの初期導入システムの手直しをしているのですが、重要な箇所を音声メッセージで喋らせるようにしています。

これを画面上に表示したメッセージと同じものを表示させるというのも考えものです。

人間、聞く言葉と読む文章とでは速度に違いがあります。

まあ、注意深く読めば文章の方が断然に遅いですが、概要を掴むだけなら斜め読みも出来る訳です。

なあなあで先に進まれる可能性がある訳ですが、そこでまた音声メッセージを流していると、、、

音声が被るわけです。

音声が被らないような処理も出来ますが、喋り出した言葉のキャンセル処理などを行うより、各々の音声メッセージを触りだけ喋らせてあとは、お客さんに読んで貰った方が作る方も楽です。

まあ、今更感がありますが、3ヶ月経って辿り着いた結論ではありますが、経験則、ノウハウです。

人間、キッカケさえあれば、ある程度のことは面倒臭がらずやってくれるものです。

1から10教えるのではなく、1から3教えて興味を持たせて遊ばせるっていうのが一番かなと思います。

ずっと喋られてもうっとおしいだけです。

これがまだ、相手の顔色を見ながら理解度を見ながら喋る速度、内容を変えてくれるなら兎も角、、、

真剣になればなるほど、いい加減になればなるほど聞く速度と読む速度は合わなくなります。

バスガイドと一緒ですね!

要点を押さえて見所を伝える、、、

観光に来ている訳ですから、周りを見ている訳です。

そこで、注目する箇所を教えてくれる、、、

その場その場で適切な言葉で、適切なタイミングで、、、

知っていることを全て喋る必要はありません。

お客さんがそれを求めていない限り、、、

そんな感じかな? 所詮は人間相手、、、他分野の常識が当てはまる、そこから行動を予測出来たりするわけです。

ただ、それを瞬時に理解できるか、、、その考えに到るまで3ヶ月掛かる私はまだまだって云うことです。

白い悪魔No.0548、
アイディアノート

まあ、私も人のことは言えませんが、無計画って如何かと思います。

IPhoneのシステムサウンドを探って使えそうな音を探しているのですが、訳のわからない音しか出てこない訳です。

数を合わせただけという音しか、、、

使用用途が不明な音しか出てきません。

5秒以内のジングルにしてももうちょっとセンスの良い音があるのでは?って感じでことごとく外れ、全体が100音くらいある内の20個くらいしか聞いていませんが、普通のクリック音が欲しいんです。

そして、少し変わった音色の音が、、、

個性が強すぎて使えない、使用用途が物凄く狭く使用するタイミングが限られる系の音なんて、システム音としては意味をなしていないと思うのは私だけでしょうか?

白い悪魔No.0547、
アイディアノート

今、出来ることをやるしか無いです。

大体、中途半端に手直しするから後から作業が大変になる訳です。

予定外の作業を何度も行うから、パニックを起こすわけで、

同じようなことを何度も繰り返すから作業量が超過するわけで、

初めにシステムを作ってしまえば、そしてそのシステムを改修し続ければ早々問題が起こるものではありません。

私はそう思っています。

システムが安定していない状態で新機能を追加するのはもってのほかです。

まず、既存のシステムを安定させるのが先です。

いくつも、並行して作業するから作業効率が悪い訳で、今も昔もトータルの作業量は変わってはいませんが今の方が精神的に安定しています。

ーーー

せかされて作業している側面がありますが緊急というほどの物では無く、可能な限り早く対応すれば良い、、、そんな程度です。

ちょこちょこ、不具合は発生していますがシステムを破壊するほどの物は無く1週2週は放って置いても良いレベル、、、

自分からアプリの開発テーマを探して自分で自分自身を忙しくしている分にはストレスは感じません。

自分のペースなんて関係なく、最優先で対応しろを云うのが一番ストレスが溜まります。

ブログ更新が滞っていますが、幾つかのサイトでは滞っていますが今の状態はそれほど危機的な状況では無く、少し集中したいから他には手を出していないだけ、、、

気力体力は兎も角、精神的には安定しています。

自分には理想とする方向性があって、思考のすえ考えが変わることはあったとしても正反対な考えになるわけではありません。

例え正反対になったとしても、それを1本のアプリに入れ込むとか無駄なことはやりません。少なくとも今は、、、

ルールが変わって強制的に対応させられるからイライラするのであって、予定された作業であれば、例えトラブルがあったとしてもさほどイライラしません。

そのトラブル対応は一回こっきり、完璧に対応すれば同じシステムを使っている以上その問題は発生しません。

売れないから、もっと売り込みたいから意地になっているだけで別に1日の忙しさは加減出来る状態です。

積み上げてきたシステムを捨てるから何時迄も忙しいんであって、きちんとメンテナンスし続けているなら、まだ余裕がある、、、

世の中、無駄なことをするから忙しくなるのであって、無駄なことを辞めれば少しは楽になるのにと老婆心ながら思います。

商売柄、新しいものを出し続けないといけないにしても、毎回毎回ノウハウをドブに捨てるって愚か者がすることですよ!

昔、勤めていた会社に言うべきことかな?

まあ、義理が無いので言いませんが、アドバイスなんてしてあげませんが、、、