白い悪魔No.0585、
アイディアノート

ここは裏サイトな訳です。

殺生与奪はアップルに握られているわけです。

少なくともアップルの目に止まるところでの批判は避けないといけません。

アップルのチェックがどこまで厳格で、どこまで及ぶのか、、、

サポートページは兎も角として、プライバシーポリシーと実際の動作が違うとかの理由で有名アプリがリジェクトされたとか以前ニュースでやっていました。

私はせいぜい、町の電気屋レベル、、、世界企業が町の電気屋まで逐次監視しているかというところは疑問は残るところです。

それでも抜き打ちチェックみたいなものをされる可能性は0ではありません。

ーーー

私は良くも悪くも技術力がありませんし、アップルに喧嘩を売る度胸はありませんが、体制に対しての不備とか、不満をサポートページに書いてしまう恐れはあります。

本当にきつい言葉は、罵詈雑言ではありません。

本人も気付いている指摘、的確な指摘が一番きつい言葉です。

ーーー

おべんちゃらを書く気はありませんが、愚痴レベルで的確な指摘をしたところで、、相手がそのアドバイスを求めているなら話は別ですが気分が良いものではありません。

相手を不快にさせる可能性のあることを、取引先が見る可能性のあるところでやるのは賢い人間がすることじゃありません。

まあ、開発日誌を2つ書いている訳です。

公式のものと、裏のものと、、、

限られた身内、知人しか両方を確認するすべはありませんが、サラッとリリースノートに書かれていることが、綱渡りのやばい状況だったりする訳です。

ーーー

昨日、一昨日はずっとはまっていました。

プログラム上の記述が正しくても動かないものってあるんです。

一般的にハードウェアっていつの時代になっても早くなりません。

そこには、目に見えるほど明確にタイムラグが存在するんです。

アプリ上からIPhoneのシステム上の管理情報を入手しようとすると0.1、0.2秒ぐらい待たされる訳です。

入手する情報は、バッテリー残量とか、時刻とか些細な情報、、、

良くも悪くもキッチリしたシステム、そして別システムから別システムへの問い合わせ、、、

スピードより正確さを求められる訳です。

そして堅牢性も、、

どうしても1テンポ遅れます。

ーーー

1テンポ遅れることを前提にアプリを組んでいないとハマる場所があります。

ただの情報の表示で本体システムとの関係が浅ければ、特段

問題は無いのですが、写真の管理情報を読みだして画面に写真を表示するシステムなのに、情報が手に入る前から写真を表示とか、、、そんな無茶をすると最悪アプリが壊れます。

ーーー

それと同じように記述としては間違いが無くとも正常に動かない、動かない時があります。

私も完璧な身で無いのと同じように、アップルも完全なシステムを作れていない訳です。

前回にも書きましたが、こんな状況に遭遇したら、原因を正すよりも対処療法で対応するしかありません。

アップルが不具合を直してくれることを待っていたら日が暮れてしまう訳です。

いつ迄たってもアプリのリリースは出来ません。

ーーー

1日、2日触って色々な実験をして、別の記述を試して、、、

マイナーなバグみたいで対処方法の情報はネット上にはありませんでした。

それは毎回起こる不具合では無くて、同じ操作を二度三度すると起こる不具合、、、

逆に言うと最初の1回は絶対に成功するということです。

それが分かり、それを前提にシステムを書き換え、、、

終了しました。

最終コーティングは理屈じゃ無いんです。

道理が通っていなくても自分を曲げて対処するしかない、、、

そう言うことです。

白い悪魔No.0584、
アイディアノート

アプリを修正しています。

何度も何度も修正を繰り返しています。

呆れるくらい、、、

同じところをクルクル回っていないだけマシなんですが、

良くもまあ、こんだけ修正箇所が出るものだ、機能追加出来るものだと呆れます。

でも、それはシステムを何度も作り直しているから、、

自分でも納得出来るシステム、お客さんも納得出来るシステムが出来上がったら、、そこからシステムを変える必要はありません。

ーーー

補足説明が不要なくらい、ストレスが無く自然に使えるシステムが出来上がりました。

後はこのシステムに磨きを掛けていくだけです。

ーーー

ある程度の規模になると理屈では無くなります。

アプリ作成者でも手を入れられないブラックボックスみたいな箇所が出てきます。

アプリの全てを把握出来ているウチは良いのですが、終いには個人の管理能力を超えてしまう訳です。

これを超えない為に随時アプリの不要箇所を削除し単純化するのですが、限度というものがあります。

ーーー

何か問題があるたびに、機能を追加するたびにチェックリストの項目が増えていく訳です。

実用的なシステムであればあるほど、長い間運用されればされるほど、チェック項目が増えます。

遅いか早いかの違いだけで、限界を超えてしまうんです。

ーーー

こうなってしまった場合は最早、理屈ではありません。

起こった現象に対して対処療法的な対応を取らざるを得ません。

既にブラックボックス化している箇所があるわけです。

原因を潰すよりも、起こった現象を潰す方が効率が良いんです。

今、不具合とまでは行きませんが、自分にとって都合の悪い箇所をその現象が確認された場所を探して対処している最中です。

原因まで探れば、もっとスマートに簡単な記述で書けるところを泥臭く、半ば訳の分からない方法で潰している、、、

そんな感じです。

白い悪魔No.0583、
アイディアノート

とあるアニメをGyaoで見始めました。

コメントを見ると酷い事、酷い事、、、

中学生の妄想レベルとか何とか、、、

いやぁ、何かやり遂げた事あるのかな、こういう事を書く輩は、、、

それなら完全にオリジナルのものを作ってみれば良いですよ!

間違いなく売れないから、、、

ーーー

共通幻想を使うわけです。お約束を、、、

革新的な物が売れるわけでは無く、良いと思えるものが売れるというのが現実世界です。

味が想像できない物は売れないんです。

ーーー

まあ、私はアプリの開発者なのでアプリの話をしますが、

大きく分けると2つの作成方法しかありません。

現実にあるものを模写するか、オリジナルを作るか、、、

ーーー

因みに現実世界にあるものを模写する方が、楽にダウンロード数を稼げるでしょうね!

まあ、私は自分が欲しいものを作ったので、存在しないものを作ったので世間の反応が渋いですが、

ーーー

まあ、ライトノベルで人気を取ろうと思ったら、お約束を使わざるを得ません。

これは漫画でも同じ事、少年漫画でも、、、

売れる事を意識するのなら尚の事です。

ーーー

10代、20代、30代が何を極めているのって言う話になります。

社会経験が有るか無いか微妙な線の人たちにリアリティを求めても仕方が無いわけです。

これはけなしている訳ではありません。念の為、

ーーー

社会経験が少ないことが、逆に武器にもなります。

スレていない事は武器な訳です。

SFで魔法が存在する世界で、世界観がリアリティがと言っている輩の方がおかしいと思いますよ!

オリジナルでは無い、コピーでコピーの中で目立つには如何したら良いと思いますか?

コピーとは言ってもデジタルでは無くアナログの世界では真似るのも限度がある訳です。

それに似すぎていたら、下手すれば訴えられます。

ーーー

私が知っている私が使っている技法は、

ルールを作って、ルールを破るです。

わざと矛盾する存在を作り込む訳です。

ーーー

これは幾らでも応用の効く技法ですし、重ね合わせることも出来ます。

まあ、今のままでも話が長いですし、纏めますが、

日本人でそんな「赤毛」っているの?

新入生の少し活発な一般生徒が「赤毛」なの?

色々、くだらない事を書くならそこから始めるべきですよ!

髪の毛の色、目の大きさ、喋り方、、、

ここら辺が一般人がアニメを嫌う、避ける理由でもあるので、、、

ーーー

お約束を否定するなら、まずここから始めないと、、、

そんな低レベルの話から始めたら、如何にアニメが約束で構成されていて指摘がキリが無いことが判るでしょう!

ーーー

何に於いてもリアリティのあるものは存在しません。

それこそ、自分が体験したことですら、

それを人に伝える際に自分の主観が入ります。

事実を事実として説明することなんて誰にも出来ません。

相手の集中力にも時間があります。

そして喋る方も、書く方も共に制限がある訳です。

ーーー

自分の生い立ちを自叙伝をたった本一冊で書き尽くすことが出来るか?

そんなのは、意図しない脚色と省略無しでは書き切ることは不可能です。

ーーー

自分のことですら、脚色、省略無しで伝えることが出来ない人間が空想の産物を作り込むことが出来るか?

自分には合わないと理解したものにゴチャゴチャ書く人間は、私も含めてですが程度が知れていますよ!

罰ゲームでは無い訳です。

仕事でも無い訳です。

無理に見続ける必要の無いのに見続けて挙句に、敵意むき出しの文章を書くって、、、暇なんですね!

その文章が何処にでも貼り付け可能な、何も話に触れていない批評にもなっていない批評なら尚のことです。

人を説得、同意を得ようとするなら具体的なことを書かないと、、、賛同者なんて集まりませんよ!

ーーー

まあ、言える事はSFなんて今後見ない方が良いよ!

それだけかな、

ストレスを溜めてアニメなんて見るものじゃ無いです。