白い悪魔No.0556、
私は如何すれば良いんでしょうね!

基本、ブログには自分の経験則を書いている訳です。

自分のスキルを、、、

まあ、私は戦い慣れしている訳です。

一般のサラリーマンよりは、、、

ある意味、戦い方を悟っている人間です。

少なくとも自分に合った戦い方は知っています。

ーーー

誰もお手本にしていませんし、何にも影響を受けていません。

きっかけがあれば、ゴールに自力で到達出来る、、

そういう人間がプレゼン関係の書籍を紹介したところで売れないんです。

そもそも、その本を実践していませんし、それを実践したところで私と同等レベルのテクニック、知識、経験が身につく訳ではありません。

ーーー

些細な事ですが10歳から常に競争していた訳です。

少なくとも一般人が社会に出るまで8ー12年は余分に戦って来た訳です。

自己否定、フィードバックを日々行って来た訳ですから、また会社に行きつつ書道を競争を戦いを続けた訳ですから、まあ戦い慣れている訳です。

まあ、同年代の人の2、3倍は戦闘経験あるかな?経験値があるかな?

ある程度、その道を極めた人間なので、そして極論を言えば全ては人間相手のこと、どの分野でも何をやってもそれの良し悪しを判断するのは人間、、、

人間観察が出来る人間は、思考が理解出来る人間は、嗜好が理解出来る人間は何をやろうと器用にこなす、、、

その思考の一部をある程度理解している人間にとっては分野が多少違おうとも、手持ちのスキルが使える、、、

私に勝つのは難しいですよ!

でも、私には弱点があってアフィリエイターとして根本的な弱点があって、商品を売れない、、

私はコンテンツを紹介する方の人間では無く、コンテンツを創造する側の人間、、、

文章を切り売りする方が得意な人間が、自分の身分を晒さずアプリを晒さずお金を儲けようとしたって、、、

私が紹介するものは嘘でしらじらしい、そして自分の愛用品でも無い、、、

まあ、売れる筈は無いですよね!

冷めている人間が、何でも出来る人間が、何もアテにしていない人間が商品を売ろうたって、、、

結局のところ、コンテンツを作れる人間は自分を切り売りするしかお金に出来ないんです。

私の場合はアプリ、、、それを公開していないブログで金儲けなんて、、夢のまた夢ですね!

白い悪魔No.0555、
アイディアノート

まあ、今更ですがキャッチコピーは如何に一言で商品の説明を総括出来るか、、、

ということですね!

それを実践して来たつもりだったのですが、イマイチ垢抜けたものが出来ませんでしたが今回、これしか無いと云うものが出来ました。

ーーー

感覚的には一息で言える言葉が人が理解出来る言葉です。

人を説得しようとするとそれなりの声の大きさでしっかりと、そしてゆっくり喋りますよね!

そういう話し言葉を書き起こしたものが「キャッチコピー」と私は理解していますし、私はそういう「キャッチコピー」を作っています。

ーーー

オススメは7・5調、、、

ただ、キャッチコピーは時を止めるだけ、、、それだけで説得は出来ません。

そこにどういう言葉を付け足すか持ってくるか、、、それがセンスです。

ーーー

これが私が今掴んでいるプレゼンの手法です。

手法を解説してもそれを実践できるか如何かは別の話、

その意味を理解出来るかは別の話、、、

ーーー

言葉遊びは得意です。

昔なら兎も角、今の私に文章力で、総合的な表現力で勝つのは無理かな、、、

自画自賛と言われるかも知れませんが、自意識過剰と言われるかも知れませんが、アプリストア内で私に勝てる人間はそうはいないので、、、

総合的な表現力では、、、

もちろん、知名度勝負では勝てない相手ばかりですが、ことプレゼン手法だけで言えば表現方法で言えば、誰にも負けてる気はしない、、、

同じことを同じ手法で対抗したところで自分には勝てない、、、

それが断片的にでも、観念的にでも手法、方法論を公開している理由かな?

まあ、冗談抜きで私に勝つのは難しいですよ!

白い悪魔No.0554、
アイディアノート

苦手なことがあります。

出来ることはトコトン出来るのですが、出来ないことはトコトン出来ません。

アプリ開発を我流でやってきました。

そして、開発環境であるSwiftの関数が使用方法がコロコロ変わるので使い方を極めるのは無理ですし、無駄が多すぎます。

ーーー

別に人に教える仕事をしている訳では無いので、全てを知る必要はありません。

また、それを全て覚えたところでコロコロ仕様が変わります。

終わらない訳です。

それよりも自分に欲しい機能を専門的に勉強した方がマシです。

ーーー

カメラ、フォトライブラリへのアクセス方法が判っていません。

今から勉強です。

そこにアクセスして自作アプリに写真を取り込めるか、、、こういう極々、基本的なことが出来ません。

仕組みは判っていても、関数名は空で言えるほど簡単な物ではありませんし、使用方法も判りません。

結局のところ、多かれ少なかれ、そういう機能があるはずだとアタリを付けてネットで探すしかありません。

そして、自分が理解出来る単機能の必要最小限のサンプルを見つけ、内容を理解するためにいじくり回し、自作アプリに取り込む、、、それだけです。

ーーー

これが自分が手を付けている分野だったら機能の修得が楽なんですが少しでもカテゴリが違うと路頭に迷う、、、

現場の叩き上げって、専門家ってそんなものかも知れませんね!