No.0008、
溶融亜鉛メッキ

街中に在るもので一番大きい鋼鉄製の物体は何だと思いますか?

分割していない一体成型のもの中では?

細長いものという事で言えば、電線とかになりますが、

構造物となると電光掲示板の支柱になるでしょう。

長さという観点で言えば、電柱と大差は無いですが、

何トンもある電光掲示版を1本若しくは2本の支柱で支えるため、通常の電信柱より太く丈夫なもので出来ています。

また、強度の問題でコンクリ製では無く、鋼鉄製の一本物で出来ています。

この支柱、塗装仕上げをすることも有りますが、安価に仕上げる時は溶融亜鉛メッキ仕上げにします。

俗に言うドブ漬けです。

亜鉛を入れたプールの中にメッキしたい物を漬け込むのです。

支柱の長さは7〜8m有りますので、その支柱を漬け込むプールはそれ以上の大きさが必要になります。

どれだけ大きいメッキ槽をもっているんだという感じです。

そういう目で、巨大建造物を見ると面白いですよ!

No.0006、私が100円ショップで絶対に買わないもの

10年ちょっと前の話、、、

まだ、100円ショップが幅を利かしていない頃の話です。

ショッピンングセンターで3本500円で売っていた2枚刃のT字カミソリと同じものが、100円ショップに売っていました。

これは、お得だと思い買って帰りました。

翌朝、新しく買ってきた2枚刃のT字カミソリを使ってみました。

ヒゲが全く剃れませんでした。

しょうが無いので、電動カミソリでヒゲを剃って会社に行きました。

次の日も挑戦してみましたが、ヒゲが全く剃れませんでした。

帰宅後、なんで剃れないのかなぁ?とみたところ刃がありませんでした。

つまり刃だと思っていたものは、0.1mmの鉄板でした。
鉄板が2枚付いていただけです。

これがチャイナ品質?という衝撃の瞬間でした。

残り二本はそのまま捨てました。置物として買った訳では無いので、、、

ここ10年で100円ショップも商品のラインナップが多くなり、大抵のものはそこで手に入るようになりましたが、私は100円ショップに懐疑的です。

私は今後二度と、100円ショップではT字カミソリは買うことはないでしょう。

No.0002、
お母さん助けて詐欺

視庁発表した「オレオレ詐欺」の新名称が「お母さん助けて詐欺」なのだそうです。(2013年5月12日発表)

→正確には「振り込め詐欺」の新名称が「お母さん助けて詐欺」

現状に見合っていないことから、新しい名称を募集、決定したようなのですが、新聞・テレビを見るかぎり、70、80歳のご老人が孫を名乗る人物からお金を騙し取られるイメージしか無いのですが、、、

最大の被害者の事を考えて、そこに対して啓蒙するのが目的であれば、「おばあちゃん助けて詐欺」の方が良いのではと思います。

しかし、何故お母さんなのか? お父さんでは駄目なのか?

オレオレ詐欺については、騙す方が男性、騙される方が女性という一般認識が出来ているんでしょうね!

しかし、3年半は経過していても一般にも認知されておらず、ラジオでも完全にスルーされて、「オレオレ詐欺」と言われる始末、、、

警察が発行する刊行物には、今も使われているのでしょうか?

No.0001、
ラジオを聞いて思ったこと

今日、ラジオを聞いていてふと思ったことがあります。

オレオレ詐欺で捕まるのは皆 男ばかりだと、、、

これは単に男が要領が悪いから捕まっただけなのか?

女の人は電話でも声の通りが良く、声が違うと直ぐに判ってしまい騙そうとしても騙せないため詐欺グループに居ないからなのか?

まあ、女の人が、「オレオレ」と電話口で言う訳は無いのですが、捕まった時はやっぱり「オレオレ詐欺」の容疑で逮捕とか言うのでしょうか?

まあ、単に娘は事あるごとに、しょっちゅう電話をかけて来るから、 話し方の違いが直ぐに判り、騙しにくいと言う事なのかも知れませんが、、、

自分がそうですが、男は用事がある時にしか電話を掛けないイメージがあります。

実際のところは如何なのでしょうね?

別サイト、モノアイ?のひとり言 も運営しています。

良かったらどうぞ、、、

モノアイ?のひとり言